TOP > ブログ > 移行プロジェクトを短期間で内製するためには、AWSのノウハウを豊富に持つenterpriseCloud+サービスデスクの技術支援が不可欠でした。
導入事例

移行プロジェクトを短期間で内製するためには、AWSのノウハウを豊富に持つenterpriseCloud+サービスデスクの技術支援が不可欠でした。

ブログ

WIPジャパン様

【課題】既存システムのクラウド移行を可能な限り、内製実施にて実現させたい

サーバリプレースとシステム被災時の業務影響低減を併せて解決する為にオンプレミス環境からクラウド環境にサーバを移行することが望ましいと考えていまし たが、クラウド環境における構築経験が無く知識が不足している状況であった。しかし導入コストが限られており、「自分たちで出来ることは可能な限り内製しなければならない」という予算事情もありました。

【選んだ決め手】AWSのノウハウを豊富に持ち合せ、プロジェクト完遂をイメージさせる安心感を得られた

enterpriseCloud+はAWSに精通していない担当者でも、違和感なく利用可能とする必要十分な運用・監視機能を備えたサービスであり、従来通りの運用プロセスを AWS環境においても実現できるよう技術ノウハウを提供しているCACは選定基準と合致していました。

採用の大きな決め手となったのは、「提案当時のAWS移行プランが明確でありCAC営業担当、技術担当ともに柔和な人柄の良さと技術的専門性の高さを感じ、プロジェクト完遂のイメージを描くことができ安心感を得られたことがCACを選んだ理由になった」 と河本氏は話します。

【構築のポイント】東京・大阪のオフィスとAWS間をインターネットVPNを用いてセキュアな通信環境実現

AWS上に仮想プライベートクラウド環境(Amazon VPC)を構築し東京、大阪のオフィスからインターネットVPNを用いて接続することでセキュアな通信環境とインターネット接続を実現しました。 またenterpriseCloud+で複数データセンターに自動複製されるAWSのバックアップ機能を定期的に実行することで震災時のシステム被災による業務データ消失等におけ るリスクの低減を実現しました。
 

【成果】enterpriseCloud+サービスデスクの的確な支援が得られたことで、サーバ移行の殆どの工程を内製実施することができた

Amazon VPCとVPN接続環境の設計・構築をCACが担い、サーバ作成・移行および運用設定作業はWIPジャパン様にて実施頂くことで2ヵ月間のプロジェクトが始まりました。
「enterpriseCloud+のサービスデスクからは、AWSの技術支援だけでなくサーバOSの問い合わせについても親身で的確な支援を得られました。サーバ移行の殆どの 工程を内製するという当プロジェクトにおいて短い期間で予定通り完遂する為にはサービスデスクの支援が不可欠でした」 と河本氏は話します。

システム概要<AWS VPN CloudHubモデル>
00_IMG_6626.jpg

WIPジャパン株式会社様、本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。

上記は、主要部分の抜粋になります。
全文をお読みになりたい方はPDFファイルをダウンロードしてください。

提供サービス詳細

よくある質問

全般について

料金/
支払いについて

契約について

お問い合わせ・無料診断はこちら

お電話
03-6667-8049 受付時間(平日)9:00~17:30
メールフォーム
お問い合わせ

関連記事