enterpriseCloud+ | CACのAWS導入支援サービス「enterpriseCloud+」

enterpriseCloud+ > ブログ > 技術レポート > (グループサイト掲載)クラウドネイティブ&アジャイル開発 ― 第2回 クラウドネイティブ開発とアジャイル開発との親和性
技術レポート

(グループサイト掲載)クラウドネイティブ&アジャイル開発 ― 第2回 クラウドネイティブ開発とアジャイル開発との親和性

ブログ

クラウドのコモディティ化が進む昨今、クラウドの利点を最大限に活用するためのアプリケーション開発が注目されています。マイクロサービスをはじめとする新しいアーキテクチャを採用するには、開発手法、役割分担、プロセスを最適化し、より柔軟な開発手法・運用手法を取り入れる必要があります。

本連載ではインフラストラクチャの視点から、クラウドネイティブアプリケーションとはどのようなものか、主要なアーキテクチャ、コストへの影響、アジャイル開発手法との親和性について、わかりやすく紹介していきます。

第1回は、クラウドネイティブにおけるアプリケーション開発、および、そのアーキテクチャ採用時のポイントを解説しました。今回は続いて、クラウドネイティブアプリケーション開発を検討時の考慮要素、アジャイル開発との親和性などについて説明します。

<目次>

  • コスト削減のためのスキルセット
    • 従量課金
    • 人件費
  • コンテナの適用判断
  • アジャイル開発との親和性
    • 短期間の開発を繰り返す
    • 実際に動作するソフトウェアを重視
    • 計画に従うことよりも変化への対応を重視
技術レポートの本文はこちらから
(※外部サイトに遷移します)

よくある質問

全般について

契約について

料金/
支払いについて

だから、CAC

お問い合わせ・無料診断はこちら

メール
cloudsales@cac.co.jp
メールフォーム
お問い合わせ

関連記事

  • Amazon Web Servicesにおける 監視・監査の管理手法