enterpriseCloud+ | CACのAWS導入支援サービス「enterpriseCloud+」

03-6667-8049 (9:00〜17:30 土日祝除く)
無料相談・お問い合わせ
enterpriseCloud+ > ブログ > 導入事例 > 金融 > 住信SBIネット銀行株式会社様
導入事例

住信SBIネット銀行株式会社様

ブログ

AWS標準化を行うことで、クラウド共通基盤の運用効率化、及び品質向上が実現できました

お客様プロファイル

住信SBIネット銀行
https://www.netbk.co.jp/

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスを出資会社とするインターネット専業の銀行です。2007年9月の開業以来、着実に業容を拡大し、現在ではわが国屈指のインターネット専業銀行に成長しています。ITを駆使したイノベーションによって金融サービスを変革し、社会をより快適で便利なものに変えていくことを目標とし、かつ存在意義と位置付けられております。

今回は、クラウド共通基盤の構築にアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)および株式会社 シーエーシー(以下、CAC)を採用された経緯について、住信SBIネット銀行株式会社 システム運営部長 岩本裕次様、同部 クラウド企画グループ長 渡邊弘様、同部 基盤グループ長 佐藤武様にお話を伺いました。

1.AWS標準化設計・構築のプロジェクト背景

住信SBIネット銀行株式会社(以下、住信SBIネット銀行)では、商用システム系はAWSへ、OA系は別クラウドを利用するマルチクラウド方針とする全面的なクラウドシフトを決定しました。また、商用システムについては、当時利用中だったデータセンターが廃止される計画と重なり、オンプレミスからAWSへの移行を推進する必要がありました。

そこで、AWSを利用するにあたり、AWS基盤およびインフラ運用の標準化を検討し、クラウド共通基盤を構築することを計画しました。

実行にあたっては、住信SBIネット銀行システム運営部、AWSのプロフェッショナルサービス(以下、AWSPS)および設計/構築するパートナーの3社によるフォーメーションで進めることとし、自社に合った最適な環境へのリード、プロフェッショナルによる品質の確保と着実な実行を目指しました。

2.構築パートナー選定でCACを選んだ理由

岩本 裕次 様
システム運営部長
岩本 裕次 様

設計/構築実施のパートナーは何社かに声をかけ、選定することになりました。複数社の提案の中からCACを選定した理由は、以下が主な判断材料でした。

  • 構築後も継続的な改善を進める予定のため、共に検討しながら進められること
  • enterpriseCloud+(以下、eC+)というAWS運用管理に必要な機能を有したマネージドサービスを展開している運営ノウハウ
  • 金融機関向けのAWS環境構築の実績があること
  • 設計項目がより具体的な提案であった

3.クラウド共通基盤構築にあたっての検討ポイント

渡邊 弘 様
クラウド企画グループ長
渡邊 弘 様

クラウド共通基盤の構築にあたっては、アプリケーション開発チームが開発に集中できるようインフラ管理からの解放及びワークロードの最適化を目指し、各システムが共通して利用できるインフラ運用基盤を実装することがテーマでした。

そこで標準化ガイドを整備し、金融機関としての利用・運用のガバナンスを示すと共に、各種設計、マニュアル、構築、運用の効率化を目指しました。

標準化の検討項目は、全文資料(PDF)にある「標準化検討項目」にある点について、検討を進めました。

その他、環境構築にあたっての主な考慮事項は以下になります。

  • 共通機能では、主にバックアップ、監査ログ収集、運用監視機能、ジョブ管理の機能を中心に設計
  • 各システムの構成は既存のシステムチェックリストに応じて、推奨の可用性パターン構成(標準アーキテクチャ)を作成

佐藤 武 様
基盤グループ長
佐藤 武 様

  • セキュリティに関しては、住信SBIネット銀行の厳格なセキュリティポリシーを踏襲し、セキュリティグループ、AWS Key Management Serviceや各サービスの暗号化を踏まえ設計
  • 監査ログ収集設計においても、住信SBIネット銀行のポリシーを踏襲し、AWS操作ログ、VPC通信ログ、OSセキュリティログのログ収集を設計
  • 統合監視ツールには冗長構成のZabbixを導入
  • コスト管理は分配単位で課金費用が把握できるようツールの整備を実施

なお、設計から構築/リリースまでをタイトなスケジュール(約7カ月)で実施しました。

4.さらなるAWSサービスの活用を目指して

住信SBIネット銀行では、さらなるAWSサービスの活用として、以下を進めています。

  • データベースにかかる費用を大幅に削減するため、インターネットバンキングシステムのデータベースを商用データベースからAmazon Aurora PostgreSQL互換エディションへ移行
  • クラウドPBXを実現するAmazon Connectを利用したコンタクトセンターも展開予定
  • インフラ基盤では、コンテナの活用を検討

住信SBIネット銀行は、最先端のITを駆使したイノベーションによって、金融サービスの変革を標榜するにふさわしく、今後も積極的なIT活用を推進していく予定です。

住信SBIネット銀行株式会社様、本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。

提供サービス詳細

よくある質問

全般について

契約について

料金/
支払いについて

お問い合わせ・無料診断はこちら

お電話
03-6667-8049 受付時間(平日)9:00~17:30
メールフォーム
お問い合わせ

関連記事